最近チェック
したもの
!

履歴ツールボックス

快適にご利用いただくため、 検索履歴を保存しています。

???private_mode_title???

???private_mode_text???

前回表示したタイヤ

閲覧した最後のディーラー

前回の検索

低温下におけるゴムの損傷

レース用タイヤやハイパースポーツタイヤの耐寒限度*は5℃以下の設計です。

低温下での走行は、タイヤに補修不可能な損傷を与える可能性があります。タイヤのトレッド部に亀裂が入ると、タイヤの補修はできません。

*タイヤの伸縮性がなくなり、破損しやすくなる温度のこと

ミシュランのアドバイス

  • タイヤの変形や衝撃による破損を防ぐため、5℃以下でのタイヤの扱いは避けてください。
  • タイヤの装脱着前は、気温10℃以上の場所で少なくとも24時間保管するようにしてください。
  • トレッド面にひび割れを発見した場合は、直ちに使用をお控えください。
  • タイヤの変形や衝撃による破損を防ぐため、氷点下10℃以下でのタイヤの扱いは避けてください。

ウォームアップ

タイヤが本来の性能を発揮するためには、一定の時間が必要です。

一定の時間とは、タイヤの内部が50℃から100℃以上に達するのに必要な時間に相当します。

タイヤが適温になりグリップ力が安定するまで、毎回最初の数kmは控えめな速度で走行してください。