最近チェック
したもの
!

履歴ツールボックス

快適にご利用いただくため、 検索履歴を保存しています。

???private_mode_title???

???private_mode_text???

前回表示したタイヤ

閲覧した最後のディーラー

前回の検索

Wear and Tear

タイヤの寿命を左右する要因にはいくつか考えられます。

ライダーの意識次第で、タイヤを長持ちさせることができる要因があります:適正な空気圧、積荷、スピード、乗り方(減速・加速)など。

反対にライダーの意志では変えられない条件もあります。

  • 公道走行:カーブや路面状態
  • 公道以外での使用:地面の種類(砂、砂利、泥…)、温度

これらの原因の一つ一つが直接タイヤの耐久性に大きな影響を及ぼすわけではありませんが、複数の原因が重なるとタイヤの摩耗や亀裂の確立は高くなります。

タイヤのトレッドは優れたグリップ力を保証する部分です。摩耗が進行するほど、排水性能は失われます:ウェット路面では速度を落とすよう心がけましょう

摩耗状態を確認するために、タイヤの点検は定期的に行ってください。

摩耗を点検する方法は?

摩耗状態を確認するには、複数の点検ポイントがあります。

溝の深さやドレッドにはめ込まれているトレッド摩擦インジケーター(タイヤ側面に見えるサイン)を点検しましょう。

規定上のあるいは技術上の限界に達していると判断した場合には、新しいタイヤと早めに交換してください。

タイヤの点検はいつ、どうやってするの?

異常摩耗や損傷箇所がないか、下記を参考に定期的なタイヤチェックを行ってください。

下記のような順序で行ってください:

  • トレッド:異物、切れ目、部分的な損傷、異常摩耗がないかを点検
  • サイドウォール:損傷(車道、くぼみにあたって出来た傷)、切れ目、裂け目、不自然に変形していないかを点検
  • リム、ビード周辺:こすれてできた傷やリムの損傷がないかを点検

タイヤのトレッド、サイドウォール、ビード周辺に亀裂、切れ目、目に見える変形がある場合、タイヤ販売店にご相談ください。リムの場合も同様です。

ビード、ゴム、レイヤーが剥がれたり、油質や腐食性物質により損傷していたり、十分な空気圧がない状態で走行した結果、内側のゴムがマーブル状になったり摩擦している場合には、そのタイヤの使用は直ちにお止め下さい。

車検の度にバルブキャップに損傷がないか点検してください。確信を持てない場合は、交換をお勧めします。