最近チェック
したもの
!

履歴ツールボックス

快適にご利用いただくため、 検索履歴を保存しています。

???private_mode_title???

???private_mode_text???

前回表示したタイヤ

閲覧した最後のディーラー

前回の検索

タイヤの選び方とは?

ラジアル構造とバイアス構造の違いとは?

バイクやスクーターの乗り方は実に千差万別。異なるニーズに対応できるよう、ミシュランでは2種類のタイヤを提案しています:バイアス構造とラジアル構造です。

バイアス構造

カーカスがトレッドの周(回転)方向に対し斜め(BIAS)に配列されています。全体の調和のとれた構造で、トレッド、サイドウォールともによく似た性能が特徴です。

Radial tyres

ラジアル構造

カーカスがトレッドの周(回転)方向に対し放射状(RADIAL)に配列されています。 カーカスをベルトで上から締め付ける構造。サイドウォールとトレッド部では全く異なる性能を持っています。

二つの構造、異なる性能

ラジアルタイヤはサイドウォールが柔らかいため、路面追従性に優れていることが特徴です。接地面がバイアスタイヤに比べて安定しているため、コーナーリングで優れたグリップ力を発揮します。更に接地面が安定しているため、タイヤの摩耗も均一です。

サイドウォールが柔らかいラジアルタイヤのもう一つの特徴として、高速走行時の乗り心地のよさがあります。これはタイヤの柔らかさで路面からの衝撃を吸収するためです。反対にサイドウォールの強度が高いバイアスタイヤは、非常に大きな負荷に耐えることができます。しかし、高速走行時には、タイヤ側面の形が崩れ、操縦安定性に悪影響を与えます。

結果として、バイアスタイヤはゆっくりと走る、排気量の小さいあるいは中程度の、あまりシャーシの硬くない車両に向いています。重量のあるバイクや、荷重の大きいバイクにも適しています。

出力が大きく、シャーシが硬い車両でのスポーツ走行にはラジアルタイアが必需品です。速度記号はZR、つまり最高速度240/h以上を実現します。