最近チェック
したもの
!

履歴ツールボックス

快適にご利用いただくため、 検索履歴を保存しています。

???private_mode_title???

???private_mode_text???

前回表示したタイヤ

閲覧した最後のディーラー

前回の検索

ミシュラン デュアル コンパウンド テクノロジー プラス(2CT+)

MICHELIN Two Compound Technology+ (2CT+)

2CT テクノロジーを基盤に開発されたミシュラン デュアル コンパウンド テクノロジー プラス(2CT +)は、最新技術の一つです。ミシュランのエンジニアはこの技術開発にあたり、タイヤに安定性を与えることに焦点を当て、最適なコンパウンドを用いることによりバランスを整え、その結果、バイクの安定性をさらに向上させることに成功しました。2CT+ は特にコーナリングの加速時に、その性能を発揮します。

トレッドショルダー部のソフト・ラバー・コンパウンドのベースにハードラバー・コンパウンドを使う事により、コーナーリング時の最適な剛性を確保。特にコーナーの立ち上がりにアクセルをワイドに開けた時のスタビリティーが向上しました。更に濡れた路面で優れたグリップ力を発揮し、コントロール性と安全性の両立に成功。スポーツバイク向けにデザインされたこの技術は、Pilot Power 3 とPower SuperSportEvoに採用されています。

ミシュラン デュアル アングル テクノロジー(2AT )

MICHELIN Dual Anlge Technology (2AT)

ミシュラン 2AT テクノロジーはミシュランの二つの内部構造技術であるラジアルとバイアスを結合させたもので、この独自のコンビネーションは GT シリーズに採用されています。長距離用にデザインされたパワフルなグランドツーリングバイクには、革新的なタイヤ構造が必要です。荷物を積みタンデムで快適なロングツーリングをする場合に必要な高い剛性と安定性が求められます。 2ATテクノロジーはライディング・プレジャーと快適性を提供するラジアル構造と、高負荷荷重に優れたキャパシティーを発揮するバイアス構造の両方の要素を備えています。

この2ATテクノロジーは2層構造となっています。ラジアル構造から生まれた1層目は周方向に対し直角に配列されており、柔軟なサイドウォールが快適な乗り心地を実現。そして強度の高いベルト層が安全性を提供します。また、1層目と比較して細いベルトの2層目は、バイアス構造のように斜めに配列されており、高負荷荷重時のスムーズなパフォーマンスを実現します。高速安定性と長距離ツーリングをサポートするこの優れた技術はPilote Road 4 GTに採用されています。

ミシュラン ACT ― アダプティブ ケーシング テクノロジー

MICHELIN Adaptive Casing Technology (ACT)

ミシュラン ACT  (アダプティブ ケーシング テクノロジー)はレーストラックやハイパースポーツバイク用に開発された技術です。ミシュランのエンジニアはタイヤの内部構造を形成するカーカス部分の改良に焦点を当ててきました。高速走行時の安定性の欠如はライディングに悪影響を及ぼします。バイクが左右に振れることにより、ホイールの軌道が乱れるのです。

この不安定な状態を減少させるために、ACT は直進からコーナーリングに至るまで様々な角度に対応したケーシング構造を採用しました。直進走行時にトレッドの柔軟性が最適な安定性を提供し、ショルダー部にかけて徐々に剛性が増すように最適化された内部構造は特にコーナーリングの安定性に効果を発揮します。

この技術は Power SuperSport Evo、Power Slick Evo、Power Cup Evoに採用されています。

ミシュランADT
―アンプリファイド デンシティ テクノロジー

MICHELIN Amplified Density Technology (ADT)

クルーザー系バイクに理想的なミシュランADT (アンプリファイド デンシティ テクノロジー)は優れた安定性をもたらします。パワフルなツーリングバイクであるクルーザーバイクはとてもタフで、タイヤもそのパフォーマンスに見合わなければなりません。ミシュランのエンジニアは強度と軽さを兼ね備えた高密度のカーカスを開発し、この技術により優れたハンドリング性能を実現させました。

ライダーの安全を第一に考えながら、動きの一つ一つをコントロールできるようなデザインを採用。ミシュラン ADT により、雨の日でも卓越したハンドリングが可能となりました。使用されているラバーコンパウンドはミシュランの独自技術によるもので、さらに高性能かつ高品質な材質であるアラミド繊維が用いられています。航空業界でも使用されるこのアラミド繊維は、超軽量でありながら耐久性に優れ、高速走行時の大きな遠心力によるトレッド部のせり上がりを抑制するとともにタイヤ重量が軽減し、高い走行安定性を発揮します。

ADT はCommander II 、さらにHarley-Davidson専用のScorcher11、Scorcher31モデルに採用されています。

ミシュラン MCP ― マキシマイズド コンタクト パッチ

MICHELIN Maximized Contact Patch (MCP)

ミシュラン MCP( マキシマイズド コンタクト パッチ)テクノロジーはレース競技用にデザインされたもので、モトクロスやトライアルのニーズに合ったミシュラン独自の新しいカーカス技術です。高難度の地形でのレースでは安定性がカギを握ります。サイプの層を増やすことで MCP テクノロジーはタイヤの剛性を高め、タイヤ表面と路面との接地面を増加させました。

トライアルの場合はタイヤのカーカスが障害物に吸着するようにデザインされています。バイクの前輪がより安定するためトラクションにも高い効果を発揮し、さらに、この技術はコーナリングや急な減速時に優れた反応を示します。また、摩耗に強いコンパウンドがタイヤの寿命も向上しました。

マキシマイズド コンタクト パッチはミシュラン Trial Light Competition、Trial X-light Competitionに採用されています。